HOMES WITH A LEGACY
受け継がれる想い 受け継がれる住まい

豊和住建

  • instagram
  • facebook
  • line
  • twitter

自然素材-構造材

豊和住建は「自然素材で注文住宅を造る/建てる工務店です」と、私たち社員は皆さまにご説明しています。自然素材とは何をいうと思われますか。 次の表は住宅建築に使う自然素材の分類です。

自然素材

木材 構造材 柱、梁、根太など
内装材(板材) 床、壁、天井
土、石 珪藻土 *1 塗り壁用途
土壁 古来和風建築の壁構造
京壁・砂壁 内装
漆喰 *2 外壁にも使う
床材、壁材
植物 和紙(手すき和紙、工場生産)
障子紙
襖紙
古紙 断熱材
い草
繊維 綿:布クロス 麻:敷物類
植物性塗料 *3
動物 羊毛 断熱材
*1 植物プランクトンの死骸が堆積してできた土。 *2 漆喰の主成分である消石灰の元になっているのは、サンゴや貝類。 *3 動物性油脂を使った塗料もある。

VOCの不安がない無垢材

木造住宅が堅牢なのは、世界最古の法隆寺の塔や寺社仏閣、城郭建築などが何百年と現存していることが物語っています。特殊な建築物は別格としても江戸時代の住居が今も残り、住人が暮らし続けている例もあります。ところが日本古来の建築物は気密性など一切考慮していません。そこが現代の住宅建築と全く異なるところです。

現在の住宅は、エアコンと換気扇を使い空調コントロールをすることから気密性を高めることが求められています。隙間を極力なくして、壁や窓から熱の出入りも極力減らします。(もちろん、気候のいい時期には窓を開けて新鮮な風を取り入れたり、陽を浴びたりする愉しみも大切です)温暖化のせいか、体温を超えるような真夏の日本にエアコンなしの生活は、熱中症の危険性をはらんで生活するようなもの。

気密性を高めるということは、新建材に含まれる合成化学物質、ホルムアルデヒドに代表されるVOC(揮発性有機化合物)を家にいる間ずっと吸い込みながら暮らすことになるわけです。シックハウス症候群という言葉を一度はお聞きになった方も多いでしょう。木材には調湿機能があります。ありがたいこの特性は、集成材の場合VOCを放出することになるのです。また、合成材の強度も実測データが乏しく、疑わしいものより何百年と耐える無垢材を信頼して使うほうが当然のことと豊和住建は考え、採用しています。

豊和住建は合成物質を含む建材、壁材、塗料を使用しません。 特に構造材においてはごく一部の例外を除き、天然無垢の木材、板材だけを使っています。 (例外/階段の踏板等に限り造作用集成材、耐震性を高めるため外壁と内壁の間に使用する構造用合板程度)

木材VS鉄(金属) 地震も火災も鉄が勝つ!?

木材は鉄骨に比べ、まず骨材単体で見ても重量比で勝る強度があります。また建物全体の軽量化につながること、揺れやしなりという特性も耐震性能が高くなっています。豊和住建の新築注文住宅は、全て構造計算を行い、「耐震等級3」を満たすことを自社基準としています。これは警察や病院など災害時の防災拠点に求められる強度と同じなのです。

では火災はどうでしょう。木は燃える。誰もがそう思いますね。しかし火災が起きた場合も、木材は炭化することで自らを守り炎が上がりにくくなっています。(火災の多くはカーテンなどへの引火で炎が上がって延焼しているため、木材鉄骨を比べるまでもない)

ほかには、鉄は熱伝導率が高いため高断熱住宅には不向きで、多くの断熱施工が必要になる。木のような調湿機能はない。これらは木の優しさ、癒しにつながる特徴ともなっています。

鉄(金属)も豊和住建は使用します。外壁には大半のお施主様にガルバリウム鋼板をお勧めしています。耐候性が高く、各外壁材メーカーが長期メンテナンスフリーを謳っており、サイディング材より安心できるためです。外壁に木材を選ばれる場合は、経年変化を劣化と思わずに愛でる気持ちがある方、こまめな手入れができる方に向いていると言えましょう。

古民家再生 古材活用

空き家が増えている中には、古民家として利用価値のある建物も存在します。 一般的に築50年以上の伝統工法で建てられた木造住宅を「古民家」と呼んでいます。 しかし築50年という時期はもう、日本は高度経済成長の真っただ中。都市部を中心に住宅不足が起こり、安価で粗雑な建材で造られた住宅が乱造された時代が古民家の定義に含まれはじめています。 豊和住建の古民家鑑定士が建物を調査し、良い材料を使い手間をかけて建てられているのに価値が全く見込まれない住宅を、改修や流通に向けたアドバイスをいたします。 古民家に使用されている柱や梁の古材も同様に状態を鑑定し、リフォームや建替えに向けて使用するご提案もおまかせください。

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。