/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

大府市 新築住宅 気密検査

<大府市 柊山町 新築工事 T様邸>

先日新築工事中の現場で気密検査を行ってまいりました。

弊社は全棟現場にて気密検査をいたします。

気密検査は家の隙間を測る試験です。
気密性能はC値と呼ばれていて、床面積に対して○○C㎡/㎡と表します。
次世代省エネ基準では、愛知県で5.0C㎡/㎡となっていますから
、床面積が100㎡の住宅で名刺10枚分位の隙間が家全体である計算になります。

豊和住建では1.0C㎡以下を基準にしているので、同じ100㎡の住宅で名刺2枚分が家全体の隙間です。
大府市の現場では、0.6C㎡でした。

なぜ気密が高いかというと自社社員大工による、徹底した気密施工をしているからです。

一部の写真をアップします。

土台のホールダウンの根元にコーキングを打ち、隙間をなくします

床断熱をしてさらに上からビニールで気密を取ります

室内の配管まわり、配線回りをすべてコーキングで隙間をなくします。

外壁の配管にも雨漏れ防止と気密をとる施工をしております。

外断熱の継目にも気密テープを張っております

他にもございますが、知りたい方は弊社で構造見学会を開催する時がございます。

その時に実際に見ることができますので、気になる方はチェックしてください。

断熱と気密を高めることによって計画換気ができ、省エネな住宅が完成します

ランニングコストを抑えた自然素材で住み心地の良い家に住んでみませんか?

自社社員大工の自信と安心の理由はこちら>>>

自社社員大工

豊和住建のリフォームはこちら>>>

リフォームINDEX

ブログカテゴリ