/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

電磁波について⑥

こんにちは、工務の庵原です。

今回の電磁波の話では、問い合わせが多い携帯の基地局からの電波です。

携帯の基地局が家の近くにあって心配で、対策をしたいのですがどうすれば良いですか?

という問い合わせについてです。

 

実は携帯電波の電波を防ぐ方法は簡単です。

 

アルミホイルで携帯電話を包むと電波が入らなくなります。

それと同じで、家を丸ごと全部アルミホイルで覆ってしまえば電波は来ません。

床、壁、天井にアルミ箔をはって、カーテンも金属繊維のカーテンを使えば家の中に電波が入らないように出来るのです。

 

しかし、これは本当の対策といえるのでしょうか?

 

54272fa8e4e16d2d620823f8c68bad93

実は、この方法には落とし穴があります。

外から電波が入らない代わりに、中で発生する電波は、外に出て行かなくなります。

家の中で家族が携帯電話を持っていたり、無線LANや子機があったり、照明も高周波を出していると言われています。

そうした電波が内部で反射する事になります。

 

東北大学の本堂先生の研究では電波は反射すると強度を増す、という研究結果が出ており

反射する事でホットスポットも生まれ、却って被爆のリスクを高める可能性があります。

 

つまりこれは本当はしてはいけない対策なのです。

 

実は、携帯電話の基地局の電波は、指向性の問題はありますが、よほどの至近距離でないかぎり

一定の距離があればそれほど強く気にする必要はないと考えられます。

むしろ身体に密着させるほどの至近距離で使う「携帯電話そのもの」の方が、リスクが高いと考えられます。

 

WHOは、携帯電話の長時間電話で発がんの可能性があると発表しました。

また、灯きゅ女子医大の研究では、1日平均20分以上の通話する人は、1年で聴神経腫瘍のリスクが2.74倍

になると発表されてます。

 

それでは携帯電話はどのように対策を施すべきでしょうか。

携帯電話は、電波を使って通話する機会ですから、その電波を先述のようにアルミホイル等で電波をカット、シールドしてしまうと使い物になりません。

したがってあくまでも「使い方」を工夫するしかありません。

 

そこで有効なのが、イヤホンの活用です。

携帯電話は5cm離せば電波の強さは1/4に、90cm離せば1/50になります。

イヤホンを使いその距離を最大限取れば、1/100程度まで軽減出来るのです。

 

特に子供の場合は成人に比べて、脳や目への影響が5~10倍あることが分かってます。

出来る限り、お子様には携帯電話で通話させない、ということも重要です。

 

 

 

ブログカテゴリ

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。