/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

電磁波について⑩

こんにちは工務の庵原です。

本日は、キッチンの電磁波対策方法を紹介させて頂きます。

scene6-02

主婦は1日の4分の1ほどの時間をキッチンで過ごしています。

日本の住宅事情において、キッチンは広いスペースとは言えません。

しかし、キッチンは作業の場ですから、使い勝手が良いようにと、あらゆるものを手の届く位置にレイアウトしがちですね。

この空間の中にももちろん便利な電化製品はたくさんあります。

ここから発生する電場の影響を受けないために必要な距離を保つことは難しいですね。そんな時「エルマクリーン」は有効に機能します。

作業台に向かって野菜を切って、すぐ横のIH調理器で煮る、振り返って冷蔵庫から調味料を取り出す、昨日の残り物はその隣の棚にある電子レンジで温めて・・・というように。

そして、毎日使うそれら調理器具の電源コードは年中差し込まれたまま。

キッチンは実は電磁波の影響を受けやすい場所なのです。

では、個別に見て行きましょう。

-電子レンジの電磁波測定対策-

まず電子レンジですが、よく「電子レンジは電磁波が強い」と言われるのは、磁場のことを言っています。

ただ、常に磁場が発生しているわけではなく、調理時、つまりスイッチオンにしてからチン!となるまでの間だけ発生しますので、その間は1~2メートルくらい離れていると良いでしょう。

レンジの中を「まだかなー?」なんて覗き続けるのは、もってのほかです。

至近距離では磁場測定器の画面に「OVER」と表示され、測定不能なほど強い磁場が発生するケースもあります。

一方の電場は、電子レンジに限らずほぼ全ての家電製品に言えることですが、電源コードをコンセントに差し込んだ状態ならば、常に発生しています。

さらにレンジを置いている台にも伝播してしまいますので、使わない時は電源コードを抜くか、それが難しければアースをしましょう。

 

-冷蔵庫の電磁波測定対策-

冷蔵庫は、1メートル離れていても電場が100V/m(至近距離では650V/m)くらい発生しています。

冷蔵庫だけはコンセントを抜くことはできませんから、是非アースしていただくことをお勧めします。

また、磁場は主に背面から発生します。

機種によっては60センチくらい離れないと2.5mG以下にならないものもありますので、冷蔵庫の裏側に部屋がある場合には注意が必要です。

 

 -IHクッキングヒーターの電磁波測定対策-

そして、皆さんが最も気にされるIHクッキングヒーター。

まず電場は、設置型タイプは200V電圧でアースが義務付けられていますので心配ありません。

磁場については、発売当初はかなり強い機種がほとんどだったようですが、定期的に測定をしていった結果、ある時期以降の発売分からは、発売当初の100分の1くらいの数値になっています。

メーカーによる大きな差も無く、恐らくどのメーカーもほぼ一斉に技術を変えているようです。

ですから、これから購入しようかと検討されている方は、電磁波という点においては安心してお使いいただけると思います。

ただし、距離が近ければ3mGくらいの数値が計測されますので、10cmくらいは離れておきましょう。

既にお使いの機種について気になる方は、あくまで弊社の測定実績に基づいた範囲での回等となりますが、機種と製造年をご確認の上、弊社へお問い合わせ下さい。

キッチンで使うこれら3つの機器については、これらの知識を頭の片隅に入れておくだけでも違うと思います。

また床面からの電磁波が気になる方も、電磁波シールドフロアマットを敷いて、アースをすれば、長時間過ごすキッチンも安心の空間になります。特に戸建の2階にキッチンがある方は、床面からの電磁波の影響を受けやすいのでお勧めです。

 

ブログカテゴリ

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。