HOMES WITH A LEGACY
受け継がれる想い 受け継がれる住まい

豊和住建

  • instagram
  • facebook
  • line
  • twitter

スタッフブログ

現場監督という仕事

建築の世界には、営業マンと現場の職人の間に、現場を仕切る「現場監督」という仕事があります。この現場監督はお施主様との関わりが深いわりに世間では意外に知られていないことが多いようです。

実は、いい家づくりができるかどうかは現場監督の力量しだいと言っても過言ではないほど重要な仕事です。

現場監督というと、資材を運んだり、大工の手助けをすることが仕事だと思っている方もいらっしゃると思います。実際、現場ではそのような仕事をしている姿も見かけますので勘違いされても仕方ないのですが、本来の現場監督の仕事は別にあります。

 

現場監督とは、その現場での一切を取り仕切る現場の責任者です。

現場監督の仕事は大きく分けると次の通り2つあります。

 

一つ目は現場の状況を確認することです。

具体的には、必要な材料はすべて揃っているか、工程に遅れが生じていないか、安全は確保されているか、図面通りに仕上がっているか、などの現場の状況を常に確認することが現場監督の仕事です。また、検査書類のチェック、追加工事の施工資料の準備、見積書の作成等、デスクワークも多くあります。

次に二つ目の仕事は、お客様と職人の繋ぎ役です。

工事が始まるまでは、お客様が相談されるのは主に営業マンです。工事が始まるとお客様が相談されるのは現場監督に変わっていきます。工事中に、変更や追加したいことが出てきた場合は現場監督と相談します。

実際に工事が始まり形になっていくと、十分に検討したはずの設計図でもなんらかの変更点が出てきてしまうものです。そんなときにお客様の要望をお伺いし、職人に伝えて調整することが現場監督の仕事です。

 

そんな伝言ゲームをしなくても、お客様が直接職人に伝えたほうがいいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ほとんどのお客様が建築に関しては素人であり、職人は話を聞くプロではありません。そんなお客様と職人の間をうまく仲介して、現実的な解決策を提示していくためには、現場監督の存在が必要になります。

建築という仕事は様々な職人たちの共同作業なので、現場の作業をスムーズに進めるためにはチームワークの良さが不可欠です。

 

現場監督は現場に常駐して職人の仕事を監視しているわけではありません。チェックすべきポイントを押さえたら、あとはプロである職人に任せます。お客様と職人が直接話をすることはないと先に書きましたが、内容によっては現場監督の判断でお客様と職人に直接打合せしていただくこともあります。その場合は、職人から現場監督へ事後報告をしてもらいます。

 

現場監督は一つの現場の専属ではなく、大抵は複数の現場を掛け持ちして担当しています。職人が現場監督を信頼し、協力してくれてこそどの現場にも均等に力を注ぐことができます。

 

現場監督はいつもお客様目線でいなければなりません。

現場監督の仕事の一つはお客様と職人の「繋ぎ役」と書きましたが、このとき現場監督が職人側に立ってしまうとお客様は何も言えなくなってしまいます。建築について素人なのはお客様なので、プロである現場監督と職人が味方しあってしまうとお客様は弱い立場になってしまします。

 

いい家を建てるためには、設計図通りに問題なく仕上げることは大前提ですが、さらにそれに加えてお客様の不安をひとつずつ解消していき後に残さないことが大切です。お客様の不安はすぐに感じ取ることができますので、アドバイスをするときなどは不安を取り除けるようになぜそうすべきなのか理由も説明します。

 

もちろん、現場監督がお客様の立場に立って行動し続けることは簡単なことではありません。現場監督として、職人たちが懸命に誇りをもって仕事していることはわかりますので、「お客様が希望されてるので、やっぱりここを変えてほしい」と伝えることがはばかれて悩むこともあります。

このような職人への気遣いも現場監督には必要ですが、それでもなお「迷ったらお客様の側に立つ」という姿勢が最も必要なことです。

現場監督は多くの現場で様々なケースを経験することで成長します。それでは、経験を積んだベテランの現場監督ほど「いい現場監督」と言えるでしょうか? そうではありません。経験は大きな武器になります。ただし現場監督に必要な資質のうち、「経験」は10%ぐらいでしょう。では、残りの90%は何でしょうか?

 

それは「人柄」です。誠実であり勤勉である、人としてもあるべき資質です。

 

 

新人の現場監督の場合、お客様からの質問にその場で答えることができないこともあります。それでも誠実さをもった現場監督であれば、一度それを持ち帰ってお客様が満足できるような答えを必ず用意します。もちろん、経験や知識は必要であり、多いことにこしたことはありませんが、お客様第一という意識を持ち誠実な対応ができれば、経験不足を補うことができます。

 

人柄がもっとも大切ということは、現場監督がベテランか新人かという経験の差は大きなものではないということです。もちろん、誠実な人柄を持ち合わせたうえに経験も十分に備わっていれば一番ですね。

 

豊和住建では構造見学会や完成展示会には現場監督・職人がほとんど参加しています。ぜひご来場の際には現場監督や職人に声をかけていただき、その人柄に触れてください。そしていい現場監督かどうか感じてみてください。

 

現場監督の仕事、あるべき姿について書かさせていただきました。最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

豊和住建のリフォームはこちら>>>
https://houwa-juken.co.jp/refindex/

 

安心、納得のリフォームの流れはこちら>>>
https://houwa-juken.co.jp/refindex/refflw/

 

 

 

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。