/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

人間の骨にあたる物 T様邸 配筋検査

最近寒くなり皆さん体調崩されていませんか~

 

さて

現在日本における建物の新築において

瑕疵担保責任が必須

 

建物の売り買いなどの契約において、一般の人では簡単に発見できないような瑕疵(欠陥)があった場合

売主などの引渡し者が、買主などの権利者に対して負わなければならない担保責任の事

 

上記の事により建築会社独自の点検・検査ではなく、

法律に則り第三者である有資格者の検査が行われます

 

第一の検査

基礎の配筋検査

法律上決められた鉄筋の太さ・ピッチ

また確認申請書類提出の基礎図の通りか

を検査が行われる

 

当たり前の事ですが私達人間は骨が無いと

立つことも、座る事も、ましてや歩く・走る事が出来ません

 

住まいの土台である基礎も鉄筋無しでは

いつでも来る可能性のある災害

地震

には持ちこたえる事が出来ません

 

 

検査員との会話

検「寸法取る・図面確認する前に安心だね~」

豊「ありがとうございます でもどういう事ですか?」

検「現場が綺麗だし、鉄筋の並びが綺麗で、〇〇住宅とは

鉄筋の本数・ピッチが違うもん~」

「〇〇住宅は瑕疵をクリヤーする最低の縦筋300ピッチだから、

一目で違いうよ~ 職人さんもまったく違うね~」

豊「・・・いつもの通り当たり前のの基礎なので、

そうですよね法律ぎりぎりの配筋でも家建ちますもんね。。。」

 

先日配筋検査での会話

 

 

しかし、一生住む・本人と家族を守る家・何か世の間違っているのでないか?

改めて、値段は高くなるかもしれないが、

生命と財産を守る さらには、家族の健康を守る家づくりを仲間の職人さんと共にしよう!!!

ブログカテゴリ