/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

全棟気密測定

弊社はすべて気密測定をしております。

気密測定とは何か?

ご存知の方も多いと思いますが、念のためにご説明させていただきます。

気密測定とは家の気密の性能を測るために占用の機械を設置して測定することです。

気密の性能は家の隙間の小ささを表す性能のことです。

 

日本の気密性能をC値で表わします。

C値ですが、〇cm2/m2と表わし、家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを知ることができます。

 

平成11年の次世代省エネ基準

 

断熱地域区分 気密性能(C値)
Ⅰ・Ⅱ地域 2.0cm2/m2
Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ地域 5.0cm2/m2

 

となっています。

愛知県はⅥ地域になりますので5cm2/m2という数値ですね。

 

弊社は何と新築は全棟0.8~0.3cm2/m2の性能がございます。

断熱性能を高めていくと正しい施工を行えば、この数値は無理しなくても出ます。

 

 

気密を高めるためには大きく2つあります。

1、正しい施工方法

2、現場での測定

 

1、正しい施工方法は目に見えないところの工事になります。

だからこそ弊社は自社の社員大工により、正確に工事を進めてまいります

2、ハウスメーカー等は実際の現場での測定をしないところがあり、モデルハウスの数値等を指す場合があります。ただ気密性能に関しては一棟一棟、現場で測定しなくては、本当の数字は出てきません。

弊社は全棟現場で測定を行っております。

 

詳しくお話を聞きたい方がいらしましたら、ご連絡ください。

よろしくお願い致します。

 

 

 

自社社員大工の自信と安心の理由はこちら>>>

自社社員大工

豊和住建のリフォームはこちら>>>

リフォームINDEX

ブログカテゴリ