/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

各種リフォーム工事

直近のリフォーム工事のご紹介をさせていただきます。

キッチン・床の取替工事です。

施工前

 

キッチン解体の様子

 

床の解体の様子

横に太い木がありますが、これを「大引(おおびき)」といいます。

その上に乗っている縦の木を「根太(ねだ)」といいます。

今回は大引きを残し、根太を撤去し、大引きの間に断熱材を挟み、その上に下地の板をはり

一番上にフローリングを張ります。

今回のフローリングは「さくら」を使っています。

透明の自然塗料(直物油)をぬると、少しピンクっぽい色がでて良い感じになります。

床完成

キッチン完成

既設のタイルの上からキッチンパネルを張っています。

掃除がとてもしやすいですね。

お客様も大喜び。

 

 

次は和室を洋間に変える工事です。

 

施工前

この襖は建具に取替ました

畳とその下にあるべニアを解体・撤去

大引きと根太がでてきます。

今回は大引きも根太もそのままで根太の上にもう一本下地をいれます。

バリアフリーにするため、いろいろな施工方法があります。

根太の間に断熱材をはさみます。

 

壁下地施工

 

天井下地施工

せっかくなので、天井高を10センチ高くしました。

天井を高くすると広く感じます。

 

 

 

 

下地が組み終わったらプラスターボードというのをはっていきます。

この上にクロスを張って完成。

クロスも自然素材のケイソウシート(珪藻土と紙をまぜたもの)を使用。

調湿効果があるので、ジメジメした時期は湿気を吸い、乾燥時期には湿気をはいてくれます。

 

 

襖はフラッシュ戸(木の骨組みに合板を張り、仕上げは平らな面材をはったもの)に交換。

お客様も大喜びです。

 

あと、こんな工事もやります。

障子の下半分のガラスを割ってしまい、それを「ワーロン」という樹脂製のものに交換しました。

ワーロンは樹脂製なので割れにくく、よごれにくい人気の素材です。

施工前

 

施工後

 

 

お客様も大喜び。

 

ありがとうございました。

 

断熱・耐震・自然素材リフォームはこちら>>>

断熱・素材・耐震リフォーム

安心、納得のリフォームの流れはこちら>>>

家づくりの流れ(リフォーム)

 

 

ブログカテゴリ