/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

大府市吉田町 新築工事 M様邸

<大府市吉田町 新築住宅 M様邸 >

 

現在新築工事中のM様邸をポイントをかいつまんでごご紹介させていただきます。

基礎工事

 

基本的に基礎工事はベース部分(底面のコンクリート)と立ち上がりの部分のコンクリートを二回に分けて

打設します。

 

M様邸ではベースと外周部分の立ち上がりを一度で打つ工法で施工しました。

そうすることで、継ぎ目部分がでないので見た目がキレイなのと、雨水の侵入やシロアリなどが

打ち継ぎ部分から侵入する恐れがなくなります。

デメリットは費用が高くなる点です。

 

鉄筋を組み、外周部分だけ立ち上がりの型枠を組み立てます。

 

コンクリートを流し終えたら、型枠を外し次に立ち上がり部分の型枠を組み立てます。

完成

 

耐震金物以外に制震金物も使っています。

耐震はその名の通り地震の揺れを耐えるものですが、制震金物は専用のダンパーが入っており

地震の揺れを吸収し、熱エネルギーに変え木材に逃がすという工法です。

 

豊和住建の建物は標準仕様が耐震等級は「3」ですが、制震金物をプラスすることで

さらに地震に対して自信がもてます。

 

今回は、換気のやり方が少し違います。豊和住建でも何度かやっていますが、吸気を

各部屋(1F天井、2F床)に設け、排気を1か所で抜くという工法です。

ここから各部屋に吸気ダクトがいきます。

わかりにくいですが、2Fのクローゼットの床に吸気口がでています。(まだこれが仕上げではありません)

次にユニットバス

基礎の底面も立ち上がりも断熱をします。

そしてユニットバスの足部部分は基礎の底面と当てるため、断熱をきり欠いた後処理で

ウレタン吹き付けの断熱をします。

下の写真は気密測定(家の隙間がどれくらいあるかを図る)の様子です。

 

C値という単位で表します。

次世代省エネ基準はC値5.0c㎡/㎡以下となっています。c値は低い程良いです。

M様邸は「0.3」でした。(相当隙間面積とかいてある所です)

M様邸では電磁波対策のシートを施工しております。

写真は専門の業者が来て、測定しているところです。

欧州では25v/m以下という基準がありますが、日本には電磁波の基準がありません。

色々な家で測定しますが、多くは100を超えます。

電磁波により血流がわくるなったり、めまい、はきけ、アトピーなどの皮膚障害があると

言われています。

電磁波対策をすることで、この数値を25v/m以下にできます。

 

次回9月19日(土)~20日(日)に完成見学会をさせていただきます。

この時に内装の仕上げなどをご覧ください。

珪藻土で仕上げたり、無垢の板など自然素材を味わっていただければと思います。

 

会場にてお待ちしております。

 

自社社員大工の自信と安心の理由はこちら>>>

豊和住建のリフォームはこちら>>>

ブログカテゴリ