/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

パッシブデザインの第一人者に認められた豊和住建

懐かしい写真が出てきたので、ちょっと自慢させてください。

2013年から14年にかけて1年間、パッシブデザインの第一人者である野池政宏先生をお招きして勉強会・社員研修をしていた時期がありました。その当時、以下のような言葉で当社をお褒めいただいたのです。

 

「これからの工務店の理想である新築の技術を活かしてリフォームも高いレベルでされている。リピーター率が78%(2013年当時。直近数年間は85%前後)という数字にも驚いた」
「豊和住建が作る家の断熱性能がものすごく高い。しかもかなり以前からされている。一棟だけが突出しているということでなく、平均値を拝見したが本当に水準が高い。私が知る限り茨城県より南では豊和住建さんが一番
「社員皆さんがまるで家族のようにアットホームな会社元気な女性スタッフが多い。新築よりリフォームは難しいもので、自社社員大工を雇用していることも理にかなっている」

8年ほど前の話ですから、今は同業他社もレベルが上がってきていると思います。ですが他社以上に私たちも勉強と研鑚を続けています。ますます高性能が求められ、数値化されてランク付けする時代へと、法制度や住宅マーケットは変化しています。

 

豊和住建は全棟気密測定を行い、C値(相当隙間面積)は平均実測値0.39cm2/m2を計測。
ひとこと解説:建物全体で名刺ほどの隙間しかないということ。全棟測定がミソ!
※C値0.5以下をご希望の場合は、オプション料金を申し受けます。

 

Ua値(外皮平均熱貫流率)は0.45W/m2K以下
ひとこと解説:熱の逃げにくさ。豊和住建の家は北海道レベルをクリア!

 

耐震等級は3
ひとこと解説:長期優良住宅認定基準を上回り、消防署や警察署など防災拠点レベル!

 

いずれも当社で新築させていただいている注文住宅の性能値水準です。(あくまで実績の水準であり、今後施工する住宅においても達成を保証するものではありません。詳しくは当社営業や担当者にお尋ねください)

 

また野池先生に今の豊和住建を見ていただき、叱咤激励をいただきたいと思います。


野池政宏 氏
(社)パッシブデザイン協議会 代表理事
自立循環型住宅研究会 主宰
暮らし向上リフォーム研究会 主宰
ほか

野池政宏氏インタビューページ 👉

野池政宏氏インタビュー動画 👉

ブログカテゴリ