/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

断熱について(続) 『徒然なるままに』

住宅の断熱性能について以前、先進国、特に南北に長く気温差の大きいカリフォルニア州と比べても日本の住宅断熱基準は緩いということをお伝えしました。なぜでしょう。私なりに考えてみました。

カリフォルニアは気温差があってもカラッとしていて体感的に日本ほど温度差を感じにくいのかもしれません。(筆者の想像です)それよりも、高度経済成長期から急速に都市部の人口増加が続き、性能より量を優先するため政府の基準が甘かったとか、人口が集中する東名阪はイギリスやドイツに比べて温暖気候だから、合わせる必要がないと考えてきたことが大きな理由と考えられます。(ですからイタリアは日本のように断熱基準が階段状になっていたのでしょう)

 

そんな理由に加えてもう一つ。

みなさんは国語(古文)で、兼好法師の「徒然草」について勉強させられましたよね。書き出し部分を暗記した人も多いのでは。

 

つれづれなるまゝに、日ぐらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ

 

その第五十五段もテストに出たような有名な一節です。

 

《原文》
家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比(ころ)、わろき住居(すまひ)は堪(た)へがたき事なり。
深き水は涼しげなし。浅くて流れたる、遙(はるか)に涼し。
こまかなる物を見るに、遣戸(やりど)は蔀(しとみ)の間(ま)よりも明し。
天井の高きは、冬寒く、燈(ともしび)暗し。造作(ぞうさく)は、用なき所を作りたる、見るも面白く、萬(よろづ)の用にも立ちてよしとぞ、人の定め合ひ侍(はべ)りし。

兼好法師(Wikipediaより。パブリックドメイン画像)

《現代文解釈》
家を作るなら夏を第一に考えるのが良い。冬はどこでも住める。暑い時期に悪い住居はがまんできないでしょ。
(庭に池や川を引くなら)水深は深くしても涼しく感じない。浅く流れが良いほうがいいんだよ。
細かい作業をするのに、開き戸のほうが上げ戸より明るくていいよ。
天井を高くすると、冬寒くなっちゃって照明も暗くなるね。
建築するときに、必要と思わなくても作っておくと見た目に映えるし、いろんなことに役立つからいいって、みんな言ってます。

 

鎌倉時代の京都の気候が今とどれほど違うか分かりませんが、電気もなければエアコンもない。ガス、灯油などの暖房手段ももちろんない。ダウンも羽毛布団もない。冷暖房どころが、照明もあったもんじゃない。そんなすべての状況が現代と全く違うにも関わらず、私たちは知らず知らずのうちに古文の授業で「夏をむねとすべし」と刷り込まれて点数を取ってきました。

罪な人です、兼好先生。もう現代には通用しませんから。


【広報・PR担当:ぴーさん😺】

ブログカテゴリ

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。