/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

リフォームにも使いたい2021年の住宅ローン減税

こんにちは、ギャラリー豊和の三宅です。

 

昨年末から始まりましたグリーン住宅ポイントに始まり、2021年に使えるお得な減税、補助金も徐々に発表されています。

その中で今回は「リフォームにも新築にも」使えて「お得が大きい」

住宅ローン減税をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、10年以上のローンを組んでマイホームを取得
(新築、新築住宅または中古住宅の購入)した場合、もしくは一定のリフォーム、増改築をした場合に
年末の住宅ローン残高の1%を所得税(所得税から引き切れないときは住民税)から控除する制度です。

控除を受けることができる期間は10年間です。ただし、消費税率10%が適用されたマイホームを取得して、
2019年10月1日から2020年12月31日までの間に入居した場合には、期間が13年間に延長されます。

 

 

つまり
新築だけでなく、リフォームや中古住宅の購入でも使えるお得な制度で
今なら10年間→13年間に延長されていて更にすごい!

 

 

・減税額の目安は?

住宅ローン控除を受けた場合の減税になる金額です。
2019年10月1日から2020年12月31日の間に入居した場合の10年間(カッコ内は13年間)
の所得税・住民税の減税額の総額を住宅ローン金額・年収別に表にしましたので参考にしてください。

10年間(もしくは13年間)の総額で見ると、何百万円というかなり大きな減税になることがわかります。

住宅ローン金額・年収別 減税額の目安表(2019年10月~2020年12月入居)(ARUHIマガジン参照)

 

 

所得税や住民税から控除されるので年収にも左右されるのがわかりますね。

 

わたしの収入では最大まで控除を受けられないかなぁ、、という場合にも

単独ではなくご夫婦で分けて住宅ローンを組むことで控除を大きくすることが出来たり

住宅ローンの団体信用生命保険でリスクヘッジできる範囲を奥様にも広げることが出来たりします!

 

上記はほんの一例ですが、少しのテクニックでご家族に最適な住宅ローンが選べて

結果、何百万円も得することがあります。(本当です!)

ですがお金の不安から解消されることで、家づくりを楽しめることが一番だなと思います。

 

どのような方法が安全で、お得なリフォームや新築につながるのか?

ファイナンシャルプランナーの三宅へお気軽にお問い合わせください。

 

<FP相談のお約束>

※甘くつくる、売るためのFP診断は絶対にしません。

※個人情報やご相談内容は秘密厳守します。

※最新のローン金利・補助金減税の情報をご案内します。

 

家づくりと今後のライフイベントにかかるお金を把握せずに、何千万円の買い物なんで怖くてできませんよね。。

 

 

ブログカテゴリ