HOMES WITH A LEGACY
受け継がれる想い 受け継がれる住まい

豊和住建

  • instagram
  • facebook
  • line
  • twitter

スタッフブログ

工務店とSDGs(エスディージーズ)

住宅建築業界でもいよいよSDGsへの関心が高まってきたようです。

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)の評価軸の一つにSDGsの達成度が組みこまれつつあるという話をオンラインセミナーで聞きました。

 

SDGsについて多少かじったことのある者として、少しお話しすると、

・2015年に国連が策定したもので、地球が抱える諸問題を17のゴールに大別し、2030年までに解決・達成しようという壮大な取り組みです。国連加盟国である日本も批准しています。もう6年が経過しています。あと9年です。(中には2020年をゴールと定めたターゲットもあるくらいです。過ぎちゃいました

 

・できることから始める、その発想は間違いです。これまでやってきたから何番のゴールはクリア、それは大間違いです。クリアは2030年に判断することです。むしろ一見自社ではできなそうなターゲット(なんと169に細分化されています)でも、視野を変えてみる。取り組んでいないことを上乗せして始めなくては、とてつもないゴールに近づきません。地球上のみんなが、今まで以上に、ゴールを目指し問題を解決するのです。

 

地球(陸・海・大気)のために、人間(老若男女、LGBT、貧困層)のために、動植物(細菌や遺伝子も)のために、街のために…、2030年までへこたれずやり続けましょう。
会話調で言えば、概ねそういうことです。個人でSDGsを意識して今を見直し、新たな取り組みをするくらいなら、それでいいでしょうね。「食べ残しをしない」「フェアトレード商品を買う」、そんな決意もアリ。
これが集団となると「がんばります」ではだめなのです。その集団でゴール、ターゲットを知り、インジケーター(=指標。230ほどあります)を参考に、目標を定め、活動し、定期的に効果測定をして、やり方を変えたり、目標を再設定する。QC活動、PDCAサイクルのようなことをSDGsでも進めていくのです。団体は活動の報告責任を問われます。

 

・警鐘を鳴らしたいのが、例えばある保育園が、「うちでは働く女性のお子さんを預かっているから”5.ジェンダー平等を実現しよう”と”8.働きがいも経済成長も”は達成できているよね。ホームページにバナーを貼っちゃおう」みたいなこと。これはいけません。過去は置いといて、2030年に向けて開発し続けなくては。SDGsは「持続可能な開発目標」と和訳されています。目標に向け、止めずにずーーっと開発(=進展のほうがしっくりしませんか)するのです。

 

・でも尻込みする必要はありません。効果が上がらなくてもいい。上がらないならやり方を変える、他者の知恵・力を借りるのです。当の国連でさえ2001~2015のMDGの未達成を反省して、一般からの意見を集めてSDGsを策定したくらいですから。やーめた、はナシ。今のままで、もナシ。未来の子どもたちに地球をつないでいかなくてはなりません。

 

とは言ったものの、当社のような地域密着型の工務店が17のゴール・169のターゲットを見るとどうしても「何ができそうか」という視点でしか考えられなくなるものです。(もちろん政府でなくてはできないターゲットも多々あります)さあ、豊和住建もSDGsアクション、始めますか。いまさら? CASBEEのために? でもやらなくては!

▼SDGs関連シリーズ

工務店とSDGs(エスディージーズ)#02

To Be Continued.【広報・PR担当:ぴーさん😸】

注文住宅の良さ、豊和住建の技術力・商品力をお伝えすることはもちろんですが、まずは家を持つことの不安を取り除くことから始まると考えています。
当社はモデルハウスを持たないため、ショールームでのご説明のほか、構造見学会、完成見学会、引き渡し後の家を見られる見学会などにご案内もいたします。
住宅ローンのアドバイス、各種補助金の活用方法など、ファイナンシャルプランナーが親身になってお応えします。
土地をお持ちでない方は土地探しからご相談ください。

建てる場所、住まうお客様のご要望に、同じものはひとつとしてありません。お客様の想いと夢を叶えるため、じっくりと話し合います。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。
断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用できます。

ご来店いただいたお客様と打ち合わせを重ね、ご希望に沿ったキッチン、バス、トイレなどの水まわりを中心に、照明器具やインターホン、スマートキーを備えた玄関ドアなどのプランをご提案します。家事動線、多機能とシンプルさのバランス、カラーリングなど、女性目線の提案が好評です。
現場監督とともに全体の進行管理を補佐し、施主様の抱える心配事などもお応えしています。

現場監督は工事の現場で、スケジュールどおり工事を進行させるとともに、品質や安全を確保し、予算内で工事費用を収められるように工事を管理する役割を担っています。解体やリフォームでは屋根に上がったり畳をめくって調べたり、更地になれば測量を手伝ったりします。大工・左官・庭師など職人たちに指示命令を行う一方、現場でのマナー指導も行います。円滑なコミュニケーションのため、ときに冗談を言い合ったりしています。

豊和住建の家づくりは自社の大工棟梁、大工職人が行い、手間受けの大工に現場をまかせることはありません。それは大工の技術とお客様に喜んでいただくことにこだわるからです。棟梁から若手への技術の伝承と向上、豊かな心と人の和で住まいを建てる心構え、お客様への気配りやマナーの徹底、伝統と新しい技術への取り組みを常に目指しています。少数精鋭の自社社員大工が日々、切磋琢磨し心構えと技を磨いています。

当社では「豊和会」という名称で、協力会社間の情報交流や親睦会を行っています。家づくりは大工や現場監督だけではできません。水道工事、電気工事など協力会社の皆様には多大なご支援・ご協力をいただいております。ときには無理をお願いすることもありましょう。100社以上が会員となっていただいており、ずっとご縁が続いていることに感謝しております。

新築のお客様邸につきましては、まずお引き渡し後の約1カ月前後にお客様係が訪問し、困りごとなどないかお伺いしています。
また、定期点検(1年、3年、5年、10年)にて、原則として担当した現場監督が訪問し、補修すべき箇所がないか、チェックシートを持って訪問いたします。
(リフォームのお客様の中でも、間取り変更などを伴うリノベーション、大規模リフォームの場合は同様に、お客様巡回をしております)
※豊和住建のスタッフが訪問営業をすることはありません。不審な訪問営業が来た場合は、安易に屋内に入れたりせず、屋根点検に上がらせたり、床下にもぐらせたりしないようにしてください。